海外の情報込み!GTA6サキドリ!

iOSアプリ開発日記【その6】

iOSアプリ開発日記【その6】

前回の記事

今回の記事はTable Viewを説明します。画面の中にある他のボタンやUITextViewは過去の記事で解説した知識で作ることができますのでもしわからなければこちらから過去の記事をどうぞ

このTableViewは一つのファイルで全て事足りるのでまず全コードを載せます。

import Foundation
import UIKit

class tableviewcodes:UIViewController,UITableViewDataSource,UITableViewDelegate{
    
    let labelSet = ["reddit TWICE", "discord TWICE", "facebook TWICE"]
    let imageSet = ["reddit icon", "discord icon", "facebook icon"]
    let urlSet = ["https://www.reddit.com/r/twice/","https://discordapp.com/invite/5nZM7c8","https://www.facebook.com/JYPETWICE/"]
    
    func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        return labelSet.count
    }
    
    func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {
        
        let cell: UITableViewCell = tableView.dequeueReusableCell(withIdentifier: "cell", for: indexPath)
        
        cell.textLabel!.text = labelSet[indexPath.row]
        cell.imageView?.image = UIImage(named: imageSet[indexPath.row])
        return cell
    }
    
    func tableView(_ tableView: UITableView, didSelectRowAt indexPath: IndexPath) {
        
        tableView.deselectRow(at: indexPath, animated: true)
        
        let url = URL(string: urlSet[indexPath.row])!
        if UIApplication.shared.canOpenURL(url) {
            UIApplication.shared.open(url)
        }
    }
}

まずtableviewcodes.swiftファイルを作成します。tableviewcodesクラスには

UIViewController,UITableViewDataSource,UITableViewDelegate

を継承させます。
そしてラベル、画像、リンクのArrayをそれぞれ同じ順番で作成します。あとはここに書かれているもともとの関数を利用してラベルをいじってみたり、画像を変更してみたりしてtableViewを利用してみてください。

アプリ開発カテゴリの最新記事